FC2ブログ

T's Weblog

A planetrian's memoranda. プラネタリアンとしての活動を中心に、ぽつぽつと書き留めてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4D2Uユーザーズミーティング報告 その2

(続 4D2Uユーザーズミーティング in NAOJ)

■午後の部
(報告・デモンストレーション 続き)
  • つくばエキスポセンター 菊川さん他
  • 杉並区立科学館 岸 氏
  • 国立天文台 伊東 氏
  • AMNH カーターさん
  • 金沢工業大学 竹俣 氏

開発側より
  • 広島大学 加藤氏「Mitakaの開発について」
  • NAOJ/4D2U 武田氏 「コンテンツの制作」
  • NAOJ/4D2U 小久保氏「プロジェクト長より」

そのあと、あれこれ雑談も













(続 4D2Uユーザーズミーティング in NAOJ)



■午後の部

つくば 菊川さんほか



8人の美人コミュニケーターが、それぞれのシナリオで投影を行っている、つくばエキスポセンターの実践例紹介。

まずはじめに、菊川さんから、センターでのMitaka常設シアターの概要説明。
センター内の3Dシアターという専用シアターにて、一日6回(!)。 これほどの頻度での投影を行なっているところは、おそらく他にもなさそう。学芸員職の菊川さんも、まれに投影を担当することがあるほか、コミュニケーターさんたちのシナリオの相談を受けたりすることもある、とのこと。メインで投影を担っているコミュニケーターさんたちは、大半が宇宙・天文などについてはセンターに入ってから学んだそう。

その後、実際に広木さん、本橋さんによる、デモ投影。安定したナレーションで、それぞれのシナリオに基づいた演出が披露された。広木さんは、プラネタリウム・モードで星座をたどる部分を多めにとっており、プラネタリウム(ドーム)での投影にも繋がるような内容。対して本橋さんは、無限遠からの出発で、地球ではなく土星をターゲットに据えた惑星巡りのシナリオで、地球中心とは違った、いかにも宇宙を飛び回っている感が印象的な流れ。

イメージとしては、バスガイドさんがツアーで各地の名所を紹介してくれているような感じ(?)でしょうか。お二人とも、アナウンス・ナレーションにとても慣れている様子で、「解説」というのともまたちょっと雰囲気が違ったように思いました。

Mitakaの使い方としては、シンプルながらところどころに一工夫した見せ方も。例えば<プラネタリウム・モードで東西南北の方角を画面下に隠しておいて、星や星座から方角を当てさせる> とか、<無限遠からSDSSのクエーサー・銀河分布の中に突入する時、空白部分を映さず銀河に包まれるように見せる>など、ちょっと真似してみたくなる小技を自然に盛り込んでいるところが印象的でした。

つくばは、今回実演披露してくださったお二人を初め、美人コミュニケーターさんが8名もおられるそうですよ。


杉並 岸 氏
主に小学生向けの学校教育の一貫のような位置づけで、学校で教えられる天文分野の事柄の解説用にMitakaを用いることが多い、とのこと。<土星の輪の消失>や<金星の満ち欠け>など、(望遠鏡を通して)実際に見られる惑星の姿についての解説例が紹介された。具体的には、金星や土星をターゲットにした上で、地球を画面正面に据え、その地球を<突き破る>ようにしてターゲット天体に近づく。そうすると、地球目線で見た、惑星の姿がMitaka上で再現され、それが子どもたちにとって<金星の満ち欠け>等を理解するのに非常にわかりやすい説明となる、とのこと。


地球破りの岸さん、ですね。あらかじめ惑星を拡大表示しておけば、<地球破り>の操作自体は難しくありません。
学校現場などで、子どもたちにわかり易く解説する必要がある時、場合によっては理科の先生たちは、模型を用意したりして、「見せて説明する」ことも少なくないかと思います。そんな大掛かりな模型などを作る代わりに、Mitakaで同様のものを見せることができるのは、確かに手軽で便利です。

一方で、デモンストレーション中、画面の設定に少々時間がかかったり、あるいは特定の見せ方をするための機能追加のリクエストがあったりしましたが、そのあたりはユーザー側の操作練習によって、かなりカバーできるようにも感じました。ショートカットキーの活用、そしてまた、更にスムーズな演出のためには、MitakaPlusのスクリプトを活用したり、解説用のUIを用意して、児童・生徒にも自分で操作してもらえるようなものを用意したりできるといいかも知れません。

つづく


テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tinoue0425.blog37.fc2.com/tb.php/48-a69ec84e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。