FC2ブログ

T's Weblog

A planetrian's memoranda. プラネタリアンとしての活動を中心に、ぽつぽつと書き留めてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーム用画像素材の作成 練習中 ~その2~

~その1~からの続き

1つめの写真から。
forBlog_DSC00354.jpg

露光中にカメラをたっぷり動かしてしまったせいで、そらにへんな光の筋が履いてしまいました。でも、建物自体には特に影響無さそうなので、スカイライン画像としては使えそう♪ → 使っちゃえ!

具体的な作業工程は
1)キャンバスサイズ変更
2)空の部分をくり抜く
3)空と建物の境目部分の不自然さを、なんとか誤魔化す


1は簡単。2は、空と地上景色(建物)のコントラストが大きくないと、なかなか綺麗にいかない。写真を撮る際に工夫して改善するべきところかも。そして3は、なかなか奥が深そうな、でもずる賢く手抜きでそこそこにできるやり方もありそうな気が。ともかく実際に、やってみます。





■1)キャンバスサイズ変更
全天画像は、ドームスクリーンに映す画像を丸い円内に表示させたフォーマットのものを、そのまま「ドームに貼り付ける」ように設定し、投影します。使う部分は丸い部分だけだけど、画像自体は、縦横比が1:1の正方形にしておく必要があるので、まずは左右の真っ黒部分を削除。1)はこれだけで完了。 



■2)空の部分をくり抜く

目標は、全天画像のうちの空の部分を繰り抜いて透過処理し、建物部分のみを映すようにすること。
まずは、Photoshopで、空(or雲)の部分を、magic wand toolで選択し、コツコツと削除。でも、建物の輪郭がそれほどくっきりしていないと、ナカナカ思うように行かない。Magnetic Lasso Tool(マグネット選択ツール)しかり。

手軽にそれっぽくやったつもりでこんな感じになったけど…
forBlog-DSC00354-SL-tr2.png

これ、よく見るとひどいもんです。
背景の透明部分に色を入れて見るとすぐに分かるんですが、ちょっと拡大するとこんな感じ↓
forBlog_DSC00354-closeup.jpg

ドームスクリーンは大きいので、ちょっとしたギザギザなども、場合によっては想像以上に見苦しくなってしまいます。しかし一方で、空と建物の境目は、元写真でもグラデーションかかったような色合いになっており、自動選択ツールなどでうまく切り抜けない。
ならば、良心の許す範囲で、ごまかすしか無い><


3)空と建物の境目部分の不自然さを、なんとか誤魔化す

というわけで、この画像に対して私がやってみたのは、、「建物を、ちょこっとだけ切り取っちゃえ!」という作戦。

そんな雑で強引なやり方でいいんかな、と迷いつつもとりあえずやってみて、いちおう完成させたのがこちら↓
forBlog-DSC00354-SL-gr.jpg


演出の都合上、空にはわざとグレーの色を入れています。画像の四隅、ドームに映らないところが、真っ黒の部分とグレーの部分とありますが、投影されないのでその点は心配無用。

で、気になる建物と空の境目部分、拡大してみると・・・
forBlog-closeup.jpg

まだ雑は雑だけど、ずっと”まし”になってる!
建物の壁のマス目を数えたりしてみれば、少し壁が切り取られているのが分かると思います。円筒ガラスの建物も、本当は直線的な部分だけではないのだけど、凸凹部分を勝手に切り取らせていただき、空との境目の斜面がすっきり真っ直ぐになっています。


ざっとですが、まずは1枚目の編集についてはここまで。

ちなみに、建物の色合いがやけに濃いのは、うちのプラネのプロジェクタに合わせた調整の結果です。ドームが大きいぶん、どうしても暗く、色味が薄く写ってしまうので、素材画像をちょっと不自然なくらい濃い色にするようにしています。
このあたりは、ドームシアターのデジタルシステムのハード的な条件によって様々だと思います。少くとも、慣れるまでは実際のドームで映してみて確かめるのがいちばん手っ取り早い。

こうして、興味本位の自己流で、編集・投影をためしてみると、写真を取るときに気をつけるべきコツもいろいろ見えてきて、とっても勉強にもなります。


~その3~ へ、つづく(たぶん)

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tinoue0425.blog37.fc2.com/tb.php/57-0be62813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。